パンが好きなら教室に通ってプロを目指そう

勉強
  1. ホーム
  2. スイーツに囲まれて

スイーツに囲まれて

お菓子作り

華やかさの影に

雑誌やニュースで、「今年の流行のスイーツは何か」という特集が組まれるほど、昨今高い注目を浴びているのが洋菓子業界です。ケーキ店等の洋菓子関連店舗は年々増加し、成長産業の一つとしてあげられています。そんなスイーツブームもあって、パティシエを目指す人が増えているのです。色とりどりの甘く美しいスイーツに囲まれるパティシエは、華やかな世界にみえます。しかしパティシエは職人であるため、一人前になるまでには修業の日々が続きます。小麦粉やバターなどの材料は重く、立ち仕事の作業もあって体力が必要です。技術を確実に自分のものにするためには何度も繰り返し作り続け、舌で体感で覚えていかなくてはならないのです。華やかさの影では、体力・根気、そして飽くなき最上の洋菓子への探究等地道な修行を乗り越えステップアップしていく、これらがパティシエに求められているのです。

どの道から歩み始めるのか

パティシエになるにあたって、必須とされる資格は特にないとされます。しかしだからといってすぐになれるわけではなく、非常に高度のスキルと知識がなければパティシエとして認められることは実際のところ不可能です。以前は直接洋菓子店やホテル等で一から修行して一人前になるというのが主流とされていましたが、現在では職人のほとんどは製菓専門学校で基本的な知識と技術を学んでからこの仕事についています。これは店等ではどうしても技法に偏りができてしまいがちですが、専門学校ではあらゆる洋菓子の作り方を学べるため応用力が高くなるからです。また専門学校では現役パティシエが講師となって指導を行い、その最新の高い技術を目で見て覚えることができます。さらに専門学校では卒業時に就職の斡旋を積極的に行っていることから、パティシエとしての最初の一歩を踏み出しやすいという利点もあるのです。なお、専門学校は高校や大学を卒業後に入学する他に、中学を卒業後入学するコースを設置しているところもあり、このコースでは専門学校に通いながら連携する高校で単位を取得し高校卒業資格を目指すことが可能です。